メニュー

メニエール病について

メニエール病とは

メニエール病とは、激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患です。

症状

メニエール病の病態は、いつも同じではありません。病気の経過は以下の第3期まで分けることができます。

初期

閉塞感や低音性難聴、耳鳴りです。初めはこれらの症状が出たりおさまったりしていますが、何度も繰り返し起こしているうちに、めまいの発作を起こすようになります。

活動期

めまいなどの発作を繰り返など、非常に重い症状が現れます。多くの場合、活動期は2~3ヶ月になります。長いと1年ほど続く場合がありますが、その後は季節の変わり目など、数ヶ月に1度の間欠的にめまい発作が起こる、間歇期に入ります。

慢性期

難聴や耳鳴りがでます。もちろんこれにも個人差がありますが、例えめまいの発作が起こらなくなっていても、激しい発作がトラウマになっていて、外出がこわくなる人もいます。

治療

めまいを軽くする抗めまい薬や、内リンパ水腫を軽減する利尿薬などを使用します。 身体的・精神的ストレスが誘因となることが多く、生活指導によるストレス軽減や有酸素運動の実践などによる有効性が報告されています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME