メニュー

耳の症状(中耳炎・耳鳴り・難聴など)

耳耳に異物感を感じたり、耳の痛みやかゆみ、その他、聞こえが悪い(難聴)や耳鳴り、耳のつまり感(閉塞感)といった症状があります。急性中耳炎では、発熱を伴うことがあります。

おもな症状

耳が痛い、耳がかゆい、耳鳴りがする、聞こえにくい、耳だれがある、耳から出血がある、黒い耳垢がでる、など。

耳の主な病気

中耳炎

急性中耳炎は、耳管経由でウイルスや細菌に感染しておこる中耳の炎症です。急性中耳炎では、痛みや発熱を伴うことが多いです。耳管の長さが短い子供は中耳炎にかかりやすいと言われていますが、鼻やのど風邪などが原因で、大人がかかることもあります。

一方、中耳に液体(浸出液)が溜まる滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)という中耳炎もあります。小児や高齢者に起こりやすい病気です。痛みや発熱がないため、訴えに乏しい乳幼児では、滲出性中耳炎に罹っても周囲が気づかないこともあります。声をかけても振り向かない、耳に手をやるなどのしぐさが頻繁にみられるなどの場合には、早めの受診をお勧めします。

耳鳴り

耳鳴りとは、実際に音がしていないにもかかわらず、何か聞こえるように感じる現象です。症状が強い場合には、不快感や、不眠、ときにうつ状態などの症状を引き起こすこともあります。突発性難聴の初期症状であることもありますので、急に耳鳴が起こった時には、早めにご相談ください。その他、頻度は少ないものの、腫瘍や頭の中の血管病変を原因とする耳鳴りもあります。

難聴

一般的に聴力が低下した状態のことを言います。

難聴と言ってもその種類や症状は、多種多様です。最近よく知られるようになったのが突発性難聴です。突発性難聴は予兆が無く、突然聞こえに障害が発生する病気です。殆どの突発性難聴は片側の耳だけに発生し、めまいや耳鳴りを伴います。適切な早期治療や安静が必要になりますので、上記のような症状が出た場合は、早めに当院にご相談ください。その他、加齢の影響による難聴に対しては、補聴器外来での対応を行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME