メニュー

予防接種・ワクチン

予防接種について

当院では、各種予防接種を行っています。来院時、または電話での事前予約をお願いします。

定期接種

  • 水痘(みずぼうそう)ワクチン
  • MR(麻疹・風疹混合)ワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチン
  • 成人用肺炎球菌ワクチン
  • インフルエンザワクチン(高齢者)

任意接種

 

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンについて

日本では、おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンの接種率が低く、4,5年間隔の流行を繰り返しています。罹患すると発熱、耳下腺や顎下腺(耳の下・あごの下にある唾液を作る腺)の腫れなどが起こります。おたふくかぜは、軽い病気とみなされることが多いですが、髄膜炎(脳表面の炎症、1~10%の頻度)や精巣炎・卵巣炎、難聴(ムンプス難聴)などを起こすことがあります。このうち、難聴はほとんどが重症で有効な治療法もなく、片側の耳が全く聞こえなくなってしまうことがあります(ムンプス難聴の5~10%は両方に起こると言われており、その場合は両方の聴力が失われてしまうことがあります)。難聴の発生頻度は、おたふくかぜの数千~数万件に1件程度と言われていましたが、近年では数百分の1程度に起こるという報告もあり、決してまれな合併症ではありません。おたふくかぜの流行時には、年間700~2000人程度の難聴者が発生していると推測されます。ムンプス難聴は、幼児・学童に多く、さらに30~40代の子育て世代にも多く発生しています。先進国でおたふくかぜの定期接種を行っていないのは日本のみであり、ワクチンで是非予防したい疾患の一つです。

接種回数 

1回接種と2回接種の効果を比較すると、2回接種の方が高い効果が示されており、WHO(世界保健機関)や日本小児科学会は2回接種を推奨しています。おたふくかぜワクチンを接種している世界の国々の90%以上が2回接種をしています。

接種時期

1回目:1歳 

2回目:小学校入学前の1年間

この時期を過ぎているお子さん、または成人の方は、1か月あけての2回接種が推奨されます。ワクチン接種を1回受けており、小学校入学後も2回目のワクチン接種を受けていないお子さんは、できるだけ早めに接種を受けることをお勧めします。

接種費用 

5000円/ 回(税込み) 

下記助成の対象者は、自己負担はありません(助成は1回のみ)。

日光市からの助成制度

日光市では、令和2年4月からおたふくかぜワクチン費用の助成が始まりました。1才から年長児までのお子さんには、5000円の助成があります。1回のみの助成であり、2回目の接種時に助成はありません。また、おたふくかぜにかかったことがあるお子さんは助成の対象となりません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME